spacer_10.jpg高校生・既卒生・中学生|大学受験・高校受験は、信頼の学習法で圧倒的な合格実績の「スタディー四日市駅前校」
spacer_10.jpgtitle_yokkaichi.jpgbutton_mail.jpgbutton_mail.jpg

menu_button02-01.jpgmenu_button02-02.jpgmenu_button02-02.jpgmenu_button02-03.jpgmenu_button02-03.jpgmenu_button02-04.jpgmenu_button02-04.jpgmenu_button02-05.jpgmenu_button02-05.jpgmenu_button02-06.jpgmenu_button02-06.jpg

main_sokudoku.jpg

sokudoku-01.jpg

読書 = 「音読・黙読」

通常私たちは、一文字一文字を目で追っていく「なぞり読み」や、発音したり、頭の中で音声化して読む「音読・黙読」を行っています。本来、私たちは音読・黙読しなくても本の内容を理解することができます。
ではなぜ、私たちは音読・黙読しているのでしょうか?
それは学校教育では「音読」を中心としているからです。
この学校教育で習慣化された「音読」の概念を取り外していくことが速読の第一段階になります。

速読 = 「視読」

速読は文章をかたまりで視野に入れ、同時に内容を理解する「視読」です。
簡単な視読は、日常生活で看板を見るときなど、誰もが行っています。
トレーニングでは、視読できる情報量を見慣れた単語のような簡単なものからより大量で複雑な文章へと引き上げることで、高速・長時間でも負担のない読書へと移行させます。

sokudoku-02.jpg
sokudoku-03.jpg

入試テストにおける速読の有効性

sokudoku-04.jpg
※一般的に試験時間の約6割りは“解く”のに必要な時間とされています。

〈近年の国語問題の傾向(全国)〉
論説文の文章の長文化。
記述形式の問題で、読解力や表現力を確認する問題が多い。
文章量や記述式が多いため、解答時間配分に注意を払いながら答えの正確さを求める。

sokudoku_banner.gif

side_A_button-01.jpgside_A_button-01.jpg
side_A_button-02.jpgside_A_button-02.jpg
side_A_button-03.jpgside_A_button-03.jpg
side_A_button-04.jpgside_A_button-04.jpg
side_A_button-05.jpgside_A_button-05.jpg

course_button-01.jpgcourse_button-01.jpg

course_button-03.jpgcourse_button-03.jpg

course_button-05.jpgcourse_button-05.jpg

course_button-07.jpgcourse_button-07.jpg


course_button-09.jpgcourse_button-09.jpg

course_z-kai.jpgcourse_z-kai.jpg

course_wing.jpgcourse_wing.jpg

jja.jpgjja.jpg

MIEshijuku.jpgMIEshijuku.jpg

passnavi.gifpassnavi.gif

eiken.jpgeiken.jpg

kanken.jpgkanken.jpg

suken.jpgsuken.jpg

sokudoku_240-60.pngsokudoku_240-60.png