スタディーBLOG

羽津校

『勉強』

勉強は、もともと「勉め強いる」で気が進まないことを仕方なくするという定義でした。江戸時代には商人が頑張って値引きをするという使われ方もありました。そして今では、学問や技芸などを学ぶことを学習として捉えられているのが一般的です。ここで私が注目したいのが勉強には他にも、努力すること、ある目的のため修業や経験を積むことの意味があるという点です。努力により、今までできなかったことが出来るようになるという実体験を通じ、その成長を感じることで社会人になってからの糧とする。それが勉強する本当の意義ではないでしょうか。

 

スタディー羽津校 門馬

一覧に戻る

お問い合わせは近くの教室へお気軽にどうぞ

まずは無料体験!

お問い合わせ時間 月~土曜日 15:00~22:00 

各校舎へのお問い合わせ